2018年スルーハイク-パーミットの取得

コラム, トレイルヘッド, ハッピーアイル, パーミション, ライルキャニオン, ロックスライド, 計画

ジョンミューアトレイル パーミッション

パーミットの取得で四苦八苦

ジョンミューアトレイルのスルーハイクを目指すハイカーのほとんどは、本来のスタート地点であるヨセミテ渓谷のハッピーアイルから出発したいと思っているはずです。

しかしパーミットの取得は抽選で決まり、人気のハッピーアイルのパーミットを入手するのは運次第です。

僕たちがジョンミューアトレイルに行こうと思い立ったのは、2018年のゴールデンウィーク。実際にトレイルを歩き出すわずか1ヶ月ほど前のことでした。

直ぐにパーミットの空きを調べたけれども、ハッピーアイルの空きは無し。当たり前です。
ドナヒュー越えのルートで空きがあったのは6月10日以前のライルキャニオントレイルヘッドのみでした。

どうしようかと悩んでいるうちに、翌日にはもう6月10日分の空きは無くなっていました。こりゃまずいと思い、取りあえず6月9日の予約を申請しました。

取りあえず6月9日ライルキャニオン出発のパーミットは確保出来たけれども、もしかしたらハッピーアイルのキャンセルが出るかもしれないと、毎日予約状況をチェックしていました。
一度だけ6月上旬の空きが出たけれども、あっという間に埋まってしまいました。世の中そうそう甘くはありません。

この手があった!

毎日パーミットの空きの表を見続けているうちにある事に気が付きました。
ジョンミューアトレイルのためのドナヒューパス越えパーミットは空きが無いけれど、通常のウィルダネス・パーミットにはあちこち空きがあるのです。

さすがにハッピーアイルからライルキャニオンまでを歩くことは難しそうですが、ヨセミテ渓谷のどこか出発でライルキャニオンまでのパーミットが取れれば、2つのパーミットを組み合わせると、ヨセミテ渓谷からマウントホイットニーまでを通して歩くことが出来るぞ!

僕たちがジョンミューアトレイを歩きたいと思ったそもそものきっかけはエルキャピタンのクライミングでした。

それじゃあヨセミテ渓谷発エルキャピタン経由でジョンミューアトレイルを歩こう!

地図とにらめっこしてルートを選定しし、オールドビッグオークフラットロード・トレイルヘッドの6月3日の空きがある事を確認して直ぐに予約を取りました。

ヨセミテ国立公園 ウィルダネス・トレイルヘッド

[ヨセミテ国立公園の ウィルダネス トレイルヘッド リスト]
(画像クリックで拡大します)

直接交渉してもっと良いルートに変更出来た

ヨセミテウィルダネスパーミットステーションにパーミットをもらいに行った時に、ダメ元で「エルキャプメドウからの出発したんだけど出来る?」と聞いてみたら・・・。
ベテランらしい男性レインジャーは「それならスタート地点をロックスライド・トレイルヘッドにすれば大丈夫だよ。」 と、あっさりOKを出し、パーミットを書き換えてくれた。

「ロックスライド・トレイルヘッド」という名前は、フルトレイルヘッドのリストには載っていないけれども、実際にはトレイルヘッドとして存在していてスタート地点として使えるのだそうです。

おかげで僕らにとっては理想的なルートを設定出来ました。

僕たちのパーミット取得は、裏技を考えたり、直接交渉したりと悪戦苦闘だっけれども、おかげでハッピーアイルからスタートするよりもヨセミテ渓谷を満喫でき、オリジナリティーに富んだ好ルートになったと自負してします。

コラム

Posted by 森の人