熊対策

コラム

ジョンミューアトレイルは熊の生息地です

ジョンミューアトレイルは、基本的に全域クマの生息地です。
食料は必ずベアーボックスかベアーキャニスターに保管するよう義務づけられています。

さらに大事なポイントとして、食料だけでは無く香りのする物、化粧品や歯磨き粉、日焼け止めなども熊を引き寄せるので、ベアーボックスかベアーキャニスターに保管する必要があります。

バックパッカーズキャンプグラウンドなどの管理されたキャンプ場や、セコイヤ国立公園の一部のキャンプサイトにはベアーボックスが設置されています。

それ以外の場所では、ベアーキャニスターを使用する
必要があります。

ベアーキャニスターの使い方

全ての食料と食料ゴミ、化粧品や歯磨きなどの香りのする物はベアーキャニスターにしまいます。

夜寝る時は、ベアーキャニスターをテントから離れた場所に置いておきます。

ベアーキャニスターを置いておく場所は、川や谷底に転がり落ちる心配の無いところにします。

車内に置くのも厳禁です
トレイル上では関係ありませんが、自動車の中に食料を置いておくことも厳禁です。
車内に食料を置いていたために熊に自動車を壊されてしまって例が実際にあるそうです。
ヨセミテ国立公園では、車内に食料などを置いたままにしておくとパークレインジャーに警告の張り紙をされる場合があります。

コラム

Posted by 森の人